法宝物(かつての本尊)について

善福寺に伝わっている、かつて本尊として門徒のあつい信仰をうけていたであろう、先人たちの思いがこもった貴重な法宝物を何点かご紹介いたします。

まずは、阿弥陀様の絵像です。
三方正面阿弥陀如来 伝恵心僧都御筆「三方正面阿弥陀如来絵像」です。高田専修寺(越前)の真教上人から息男と共に下付されたと寺伝にあります。いわゆる「方便法身尊像」ですが、本願寺教団以外では結構後の時代まで、「三方正面阿弥陀如来」(どの方向から拝んでも正面に見える)と呼んでいたらしいです。
 専門家によれば、これは本願寺教団が蓮如上人の頃から用いていた、室町時代(1490年~1500年頃)の絹本着色の方便法身尊像であるとのことです。寺伝が正しければ、何らかの理由で越前熊坂の専修寺に伝わり、それが当寺に伝わったものと思われます。
この絵像に裏書はありませんが、正徳4年(1714年)に誠照寺17世の「秀如上人」から定書を別途いただいています。
(定 一 恵心僧都御筆三方正面阿弥陀如来無相違者也 正徳辛午四歳五月四日 誠照寺 釈秀如(花押))





こちらも阿弥陀様の絵像です。
阿弥陀如来絵像 こちらは紙本着色のものです。
見るところかなり古筆だと思われますが、年代、由緒等は不明です。前住職は「笑う阿弥陀さん」と言っていました(笑














 次に、名号本尊です。こちらは、放光十字名号です。
放光十字名号本尊
絹本に載金と金泥で書かれた「帰命尽十方無碍光如来(きみょうじんじっぽうむげこうにょらい)」の“十字名号”です。1500年前後のものでしょうか。
特徴は本願寺教団(蓮如上人、実如上人の頃の無碍光本尊は光明が48本)と違って、当寺のは光明の数が45本しかありません。原始真宗門流で使われていたものや、誠照寺教団で往古使われていた十字名号は光明が48本無いものが多いとの話もあります。









 六字名号です。
伝弘法大師筆六字名号「南無阿弥陀仏」のお名号ですが、よく見ると筆書きのものではありません。さらに、かなり古いものを裏打ちしなおして表装してあるようです。道場の本尊としてかけられていたものでしょうか。下から拝んでも真正面に見えるようにか、上に行くほど文字が大きくなっています。
寺伝では伝・弘法大師筆ということになっています。













十高僧連坐像(天竺震旦高僧連坐像)です。
インド中国十高僧連座像インドと中国の高僧を描いたものと思われますが、古くて横の札名が読めません。岡崎「妙源寺」様に伝わる、光明本尊(3軸で1揃のもの)などと同種のものかと思われます。仏光寺系などで使われていた、1軸の大型の光明本尊を切り取った可能性もありますが、背景に光明がないので、元来これだけで単独の絵像と思われます。誠照寺史によれば、「往古九高僧なる連座御影を使用した形跡がある・・・、道性如覚の没後光明本尊別開きの絵系図流行を見た当時として・・・云々」とのことなので、三河の専海系の流れを汲む門流などでは、日本の高僧図とインド中国のこの高僧図を別軸として、名号軸と3軸で1セットとして使われていたと思われます。
対となる日本の高僧連坐像(鯖江派の九高僧図)もかつてあったはずですが、現在当寺には残されていません。
 現在、当寺の余間に掛けられているいわゆる七高僧と聖徳太子像の裏書が「正徳4年(1714年)」ですので、それまでは脇掛けとしてこの古いタイプの連座像が拝まれていたのではないかと思います。

 先ほどの三方正面阿弥陀如来の定書も正徳4年なので、どうもこの年に内陣の宝物をがらりと変更したのではないかと思われますが真相はいかに・・・・。

善福寺の由緒・歴史

 善福寺は古文書や当村に伝わる言い伝えなどによると、南北朝時代の頃、宮方に仕えていた大森某という武将(大森二郎時秀とも言われる)が大森の天目山城を築いたのち、ふもとの高台一帯(のちに安野谷と呼ばれる)あたりにかつてあり、寺は寺領100石、境内地2500坪あったとされています。
おそらく、山城の麓の念仏道場などの寺庵をおく、中世城郭だったと思われます。
 時代は下り、戦国時代の1577年(天正5年)頃、織田信長と一向一揆勢との争いで焼き討ちにあい、大日堂以外の堂宇をすべて焼失。現在でも、城郭の楼門があったところを「大門」、大日堂跡を「堂の上」として呼び名が残っています。かりん手の神様として村人に拝まれていた大日堂ご本尊の大日如来像は明治時代の廃仏毀釈のおり、裏山の天日神社に合祀されたようです。


かりん手の神様  大門







大日如来「かりん手の神様」と現在の「大門跡」。この上の谷(高台)一帯を「安野谷」という









 その後1594年(文禄3年)に「道円」と申すものが天目山麓へ堂宇の再建をしました。江戸時代に入り、寺院諸法度制定などをうけ、1610年(慶長15年)に当寺は真宗高田派(本山は越前専修寺)になったと伝わります。越前専修寺は常盤井宮家より入寺した真智上人が現在のあわら市熊坂に興した高田派の越前における本山でした。真智上人が亡くなった後の1617年(元和3年)に高田専修寺はここから比較的近い、殿下村の畠中・謡谷(現福井市畠中町)へと移転をし、その後いつの頃か善福寺は、この畠中専修寺の真教上人より息男を貰いうけて寺を存続させたと寺伝にあります。その折、伝恵心僧都筆「三方正面阿弥陀如来」絵像などの法物を譲りうけ、白滝村(現・福井市白滝町)全戸が善福寺檀家になったとされており、白滝には現在も白滝道場があります。
 1634年(寛永11年)、三重の高田専修寺から本寺争いで訴えられた裁判によって、畠中の専修寺側は破却され、それに伴い当寺檀家も散り散りになったとされています。
 同年12月付の「本山誠照寺所蔵文書」に、大森村善信(善福寺の先住職)から誠照寺14代秀山上人宛に、白滝村道場の名号の裏書きを書いた事がご法度であった由の詫状が残っており、この時にはすでに大森の善福寺は誠照寺派に属していたことが分かります。
 その後1688年(貞享5年)には、「善哲」(善福寺8代住職)が鯖江本山誠照寺中興の祖といわれる、秀諴(しゅうかん)上人より「親鸞聖人御影像」の裏書をいただいています。
 以来380年に亘り本山誠照寺の末寺として、ご門徒の支えを得て法灯を今に継いでいます。

 江戸中期の1754年(宝暦4年)に裏の岩山を削って本堂を再建したとされており(門徒総代大森家文書)、明治23年の寺文書からその本堂や境内の様子がわかります。
善福寺明治時代の図カラーS

(江戸中期から明治時代にかけての善福寺全景図。正面の小さな桜の木がのちの天然記念物に指定されたもの。左側にある大木はその親木だったとのこと)(カラーはコンピューターで合成したものです)

 現在の本堂(七間四面)は1912年(大正元年)「安野源智」(18世住職)の時に建立を開始し、十余年をかけて落成しました。前住職「亮雄」(20世)の代、1993年(平成5年)から、絵師・安川如風師の手により、本堂内陣、外陣の彩色を施工し、1996年(平成8年)には現在の庫裡を完成しました。

 境内にあり、旧清水町の天然記念物にも指定されていた「しだれ桜」(通称 薄墨桜と呼ばれた)の大木は、2004年(平成16年)の3月6日早朝、降雪による重みに耐え切れず倒木してしまいました。
善福寺桜

(ありし日のしだれ桜)

桜倒木朝日新聞補正

(倒木した翌日の新聞記事の写真)


 2009年(平成21年)から現住職「安野元紹」第21世が引き継いでいます。


貞享5年(1688年)の誠照寺「秀諴上人」からの親鸞御影像の裏書親鸞聖人御影裏書

**************************************
        釋秀諴(花押)
       越之前刕丹生郡大森村善福寺
上野誠照寺親鸞聖人御影
       常住
       貞享五季戌辰九月翔日
               願主釋善哲
**************************************

※以上は、善福寺蔵文書(享和元年、文政13年、嘉永7年由緒書)、同蔵法宝物裏書、大森家文書、誠照寺文書、福井県史、清水町史を参考にしました。<2014年1月加筆訂正>

福井県福井市大森町 善福寺のご案内・アクセス

みなさん、ようこそお越しくださいました。
こちらは福井県福井市大森町にある善福寺です。

 当寺は、真宗誠照寺派(しんしゅうじょうしょうじは)という宗派に所属しています。親鸞聖人を開祖とする浄土真宗の流れを汲むお寺です。

 大森町の天目山(天日神社)の下に位置し、志津が丘からも良く見えるお寺です。

善福寺の歴史はこちらをご覧ください




安野山 善福寺 (annozan zenpukuji)
福井市大森町32-4
0776-98-3074

はじめまして。ブログをはじめました。

みなさんこんにちは。
 昨年父(前住職)が往生し、私がこの寺の住職となりました。
そして今年は浄土真宗に改宗してからちょうど400年という記念の年を迎えました。これを機に?、ブログでも始めてみることにしました。(って、ブログ自体は新しくないですけど)
本当はしっかりしたホームページを立ち上げようと思ったのですが、どうも気が重く?(というより敷居が高くて・・・)、かといってTwitterというのもスタイルじゃなかったので、今更ながらブログで行くことにしました。
 色々とお知らせできればと思いますので、末永くよろしくお願いいたします。
真宗誠照寺派 安野山善福寺

ようこそ、
こちらは真宗誠照寺派善福寺です。
■福井市大森町32-4
山号「安野山」は永平寺第50世管長、玄透即中禅師の筆です。

善福寺facebookページ
Unknown
善福寺facebook
記事検索
月別アーカイブ
Links
上野山 誠照寺(本山)

善福寺Facebookページ(当寺のフェイスブックのページ)
アクセスマップ
安野山善福寺
Copyright © 2010 安野山善福寺 All Rights Reserved.
  • ライブドアブログ